虹の橋 。。。


なかなかブログを更新することが出来ずにいました。
このままブログを閉じてしまおうか、
それともしばらくお休みしようかと思いましたが
こんな拙いブログにも関わらず、何度も遊びに来て下さる方々や、
ブログの更新がされていない事に心配して下さる方々に
やはりちゃんとお伝えしなければと思いました。

この数日は余りに辛過ぎる日々でした。
オーが逝ってからまだ日も浅い中、また愛しい命が旅立ってしまいました。
まさかの出来事に、なかなか現実を受け止めることが出来ず、
何も手につかない日が続いていました。
でもようやく、少しづつですが気持ちも落ち着いてきました。

これからご報告する事が、また皆様を驚かせてしまいますことをお許しください。

10月4日、ケダマが虹の橋を渡りました。

朝、いつものようにゴハンを食べお水を飲んで、寝室へ上がっていきました。
そのおよそ5分後、オットがベッドの上で動かなくなったケダマを見つけました。
すでにその時点で心臓は止まっていました。
でも奇跡を信じ、すぐに近くの病院へ駆け込みました。
先生に出来る事全てをやっていただきました。

死因は解剖しない限りわからないとのこと・・・
愛しいケダマにメスを入れたくないので、そのまま連れて帰りました。

家に帰ってから、まだ温かいフワフワのケダマを抱いて、
オットと2人、長い時間泣きました。
今にも目を開きそうなくらい、安らかな顔は、
『 ケダ 』 って読んだら、 『 アーン 』 て返事をしそうな表情でした。

こんなことを言ったら、他の子達に怒られそうですが
ケダマは私にとって特別な存在でした。

10年前の春先、野良猫が縁の下に赤ちゃんを産みました。
人慣れしていたお母さん猫は、数日後に赤ちゃん達を玄関脇に
ぞろぞろと運んできました。
まだ目も開かない、フワフワの黒い仔猫を6匹。

その中に1匹だけ、成長が遅れている仔猫がいました。
両目とも固くふさがり、おっぱいの争奪戦にいつもあぶれていました。
他の子達が丸々と太って目を開き、活発に動くようになっても
その子だけは目が開かず、いつまで経っても小さいままでした。

その後、お母さん猫はその子を見捨ててしまったのでした。

ポケットに入るくらい小さいその子を連れて、病院へ行きました。
重い伝染病にかかっているとのことでした。
だからお母さん猫は、他の仔猫のために捨てたのだと思いました。
先生のお話では、この子は長生き出来ないし失明の心配も・・・
運良く数ヶ月生きられるかもしれないけど、数日の命かもしれない。
育てるのは大変では・・・との事でした。
でも、毎日注射器1本分の点滴を受けに病院へ通いました。
ミルクを1日に6回、排泄させるのも一苦労でした。
中でも1番大変だったのは、腫れ上がった目から目ヤニを剥がし取ること。
激しい痛みを伴うようで、毎朝・毎晩暴れて泣き叫びました。
そして泣き疲れて、手の中でコテっと寝てしまう・・・。
こんな日が何日も続きました。

フワフワの綿毛のその子にケダマと名づけました。

徐々に成長も見え、体力が付いてきた頃、目の手術をして頂きました。
3度に亘る手術の結果、右目だけは見えるようになりました。

その後、どんどん元気になっていくケダマは、
もの凄く甘えん坊な子になっていきました。

いつもどこか体の一部が私達に触れていました。
寝る時は必ず私の左側で、脇の下や首元に顔をうずめて眠りました。

食事中も左側、椅子やソファに座っていても私の左側だったのは
ケダマは右目しか見えなかったから・・・
いつも近くに感じていたかったからかも知れません。

私が寝込んだ時にも、左側でいつもホッペタを撫でてくれました。
「 ケダ~ 」 って呼べば 「 アーン 」 と返事をしてくれる・・・
丸くて柔らかいケダマは、抱っこしているだけで幸せな気分にしてくれました。

アンクが来てからは、ますます甘えん坊になりましたが
KYなアンクが唯一逆らわなかったのが、ケダマでした。
ケダマには一目置いていたようでした。

家中あちこちにあるケダマの残像と、耳に残った高音のかわいい声。
壁やソファ、ラグには爪を研いだ跡がたくさん・・・
ケダマはいろんなモノを残していきました。

まだ10歳・・・
でも本当は10歳まで頑張って長生きしてくれたのかもしれません。
10歳になっても目と鼻からの出血は止まりませんでした。
ずっと後遺症を引きずって生きてくれました・・・。

『 だけど・・・あともうちょっとだけ一緒に居たかったよ、ケダ。 』


今までケダマのこともかわいがってくださった方々、
本当にどうもありがとうございました m(__)m


アンク家、他のメンバーはみんな元気ですので心配しないで下さいね。

プロフィール

Yoko.

Author:Yoko.
お山在住♪
双子座 * O型
八ヶ岳南麓で
のんびりな生活をしています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
kuroneko
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード